CULTURE

礼儀作法が身につくとともに
世代を超えてのコミュニケーションを図る

決断力・発想力・礼儀作法を身につける

将棋の駒の動かし方・取る打つ成る・玉のつかまえ方・ルールとマナーを教え、最終的には終盤の詰みまで指せるように指導します。
「お願いします」「負けました」「有難うございました」といった挨拶や礼儀作法も習得します。
特に日本の子どもたちに必要と言われる、学校の勉強だけでは身につかない「決断力」や「柔軟な発想力」が培われます。

◎対象年齢:小1〜

将棋のメカニズム

「勝ちたい」と思う気持ちから、どうすれば強くなれるか考え、本を読んで研究するようになるので、集中力だけでなく、読書の習慣も身についていきます。また対戦相手を観察することにより「次はどうなるんだろう」と先の先まで予想して駒を動かす姿勢は、理科的思考と似ていると言われます。遊び感覚で多くのことを学べるのが将棋の魅力です。

養われる力

  • 決断力
  • 観察力
  • 柔軟な発想力

攻めるか守るか、常に考えて決断する力がつきます。また、勝負を通じて相手のことを観察する力や、マニュアル通りではなく、自分で考え実行する柔軟な発想力が鍛えられます。

カリキュラムスケジュール

  • STEP 01:駒の名前 将棋のマナー
  • STEP 02:駒の動かし方
  • STEP 03:平手で対局してみる
  • STEP 04 :講師と駒落ちでの対局、友達と平手での対局
  • STEP 05: 詰みを覚える
  • STEP 06: 囲いを覚える
  • STEP 07:数々の戦法を学ぶ
対象年齢 小学1年生~
対象校舎 自由が丘校成城祖師ヶ谷大蔵校池尻三軒茶屋校目白校横浜上大岡校
月会費 各校舎にお問い合わせください。