脳を活性化、感情をコントロールでき、
バランスのとれた人格を育む

空手の基本はもちろんのこと、それに必要なトレーニングを通して、幼少期に発達する運動神経を向上させる練習を行っております。
また、空手道を通じて大きな声で挨拶をしたり、礼作法、忍耐力、集中力を習得することができます。突き、受け、蹴りといった基本動作を学ぶことから始め、基本の形(かた)や組手(くみて)を覚えていきます。

◎対象年齢:年中~小学生

空手教室のメカニズム

幼少期は脳の発達と運動神経の発達に一番大事な時期でもあり、空手の基本動作、形の順番を覚え、それを体現するということが、非常に脳を活性化させ、また運動神経の向上にも繋がると言われます。
空手は、俊敏なスピードと力強さを兼ね備えた身体をつくり、素手素足で戦えるようになることは、大人になっても身体の財産として残ります。

こんな力が身につきます

  • 巧緻性を高める
    空手のレッスンにより瞬発力、敏捷性や巧緻性が鍛えられ、子どもの知能発達を促します。
  • 忍耐力・集中力
    基本や形を反復練習することで、諦めず何度も挑戦し、それを持続させるための集中力が身につきます。
  • 礼儀正しさ・挨拶
    空手に挨拶は欠かせません。空手道を通じて、礼儀正しく、はきはきと挨拶ができるお子さまに育ちます。

カリキュラムスケジュール

  • STEP 01:正座、礼の仕方を覚える
  • STEP 02:基本の立ち方を覚える
  • STEP 03:突き、受け、蹴りを覚えます
  • STEP 04:基本形を覚えます
  • STEP 05:基本組手を覚えます
  • STEP 06:難しい技に挑戦していきます
対象年齢 年少~小学生
対象校舎 池尻三軒茶屋校恵比寿校目白校千葉幕張校
月会費 各校舎にお問い合わせください。